やわらか食で高齢者サポート|シニア向けの食事作りはとってもシビア

調理する際の注意点

介護

高齢者の食事を用意する際には加工し、なるべく高齢者の方が食べやすい形にするのが大切です。しかし食事を作る際にそうした手間をかけた場合、逆に食べづらい状態にしてしまうこともあるので注意が必要です。高齢者の食事を作る際に食材をすりつぶしたり、細かく刻んだりする人はとても多いです。ですがこうした加工をしてしまうと見た目や味が変化してしまい、逆に食欲を失わせてしまうことがあります。そのため食材をすりつぶしたりせず、食材そのものを柔らかくしたりすることで食べやすくするようにしましょう。高齢者の方でも見た目が悪い料理では食欲を失ってしまいます。食材を予めゆでたりしてから調理をすることで、格段にやわらかくて食べやすい状態にすることができます。なるべく高齢者の方でも食欲が湧くようにそのままの見た目を維持し、素材自体を加工して食べやすい料理を作りましょう。

ミキサーなどで料理を細かくしたものは見た目的にも悪く、食べにくい場合も多いです。そのような場合はミキサーなどで調理した後、ゼリーのように加工して見た目も良い食べやすい状態に加工してみましょう。まず完成した料理をまずフードプロセッサーなどで細かく裁断し、食べやすい状態にします。このままの状態ではあまり美味しそうには見えないので、ゼラチンや片栗粉といったものをつかってゼリーの様に固めましょう。こうすることで見た目は一般的な食事と同じようにすることができます。また再度焼いたりすることで焦げ目などもつけることができるので、より食欲をそそるような見た目にすることができます。ゼリー状に固めただけなので中はとてもやわらかく、高齢者の方でも安心して食べることができます。どうしても硬さが残る食事の場合は一度細かく加工し、ゼラチンなどでゼリー状に固めてから出すようにしましょう。

Copyright (c) 2015 やわらか食で高齢者サポート|シニア向けの食事作りはとってもシビア All rights reserved.