やわらか食で高齢者サポート|シニア向けの食事作りはとってもシビア

食べやすい食事を作ろう

介護

高齢者のためにやわらか食を用意する際は、なるべく高齢者が食べやすい食材を利用して料理を作るようにしましょう。栄養配分をよく考えて調理をすることは大切ですが、いくら栄養配分を考えた食事でも食べづらいと残してしまったりして栄養をきちんと補給することができません。そのためなるべく多く食べてもらうためにも、食材の硬さや食べにくさなどを考慮して調理をするのはとても大切です。おかゆやパンがゆなどのおかゆ状のものは硬さもなく、液体に近い形をしているので高齢者でもとても食べやすいです。またカレーやシチューといったものも高齢者にとってとても食べやすいものです。やわらか食を用意する際はこうした食品を利用して栄養バランスがとれた食事を用意するようにしましょう。

高齢者の方には硬い生野菜などはとても食べづらいものです。しかし食べづらいからといって食べさせなかったら、栄養が偏ってしまい体調不良などを引き起こしてしまう可能性があります。そのためやわらか食を作る際は食べ辛い食材をいかにして食べやすくするかが大切になってきます。肉や野菜といった食べづらいものはなるべく一口大の大きさに切り、高齢者の方が食べやすいようにしてあげましょう。また肉は噛む力が弱まっている高齢者にとっては最も食べにくいものです。そのため、なるべく叩いたりして肉を柔らかくしたり、皮や筋といった部分を取り除いて食べやすくすることが大切です。野菜は長時間焼いたりゆでたりすることで柔らかくするようにし、歯がない高齢者の方でも食べれるような硬さに調理するようにしましょう。高齢者の方が食事を残したり喉に食材をつめてしまわないよう、なるべく食べやすい状態に食材を加工することが大切です。

Copyright (c) 2015 やわらか食で高齢者サポート|シニア向けの食事作りはとってもシビア All rights reserved.